スロットマシンのライン数

スロットマシンのラインは、大体真っすぐのラインを使っていくことになります。曲がっているラインまで採用すると、その数が多くなってしまうため、3リールには曲がったラインは採用されていません。ところがオンラインカジノに使われているスロットマシンには、曲がったラインを採用している5リールが多くなっているので、分からないラインまで的中扱いとなります。

全ての可能性をラインにしている

様々な当たりのラインがある

5リールに3つの絵柄が出るようになり、15個の絵柄が1回のスロットで出てくるようになります。この15個の組み合わせについて、オンラインカジノはあらゆるライン設定を行い、全ての可能性を的中できるラインにしています。当然ラインを1つ増やすごとに、支払うお金は多くなってしまいます。多くのラインを増やしていることは、当たりやすくなる反面、かなりお金を使ってしまうことになりますので、負担は非常に大きなものが予想されます。トリガミになる可能性も高くなっているので、思っていた以上に稼げないこともあります。
これがスロットマシンの問題点とされていて、全ての可能性をラインにしたことで、最大まですると50ライン近くが用意されます。50ラインにどんどん賭け金を使ってしまうと、大体ライン全て5ドルくらい使ってしまい、更に賭け金を入れることになりますので、大体1回で10ドル位消費することもあります。
消費している金額が多ければ多いほど、当たった時の金額が大きくならないと厳しい部分もあります。少しでも稼ぎたいと思っている人は、ラインの状況などを確認して、当たるラインを把握しておかないと駄目です。

制限する方法もあるが当たりづらくなる

ベットするラインを制限することもできる

ラインをある程度に絞り込むことによって、制限することは可能になっています。この方法を使うことで、お金を減らすことは可能になります。スロットマシンの場合、当たるラインの制限さえしていれば、使うお金はかなり減らせて、1ドル以下でプレイすることも可能になります。
しかし制限をした場合は、的中しているラインに投資していなかったことで、的中扱いにならないことが多発します。プログラム上当たるラインの状況は多くなっているので、賭けていないことでミスをすることもあります。
全てに的中させるための投資をするのか、それとも絞り込んで長めにプレイすることを考えていくのか、これはかなり重要なポイントとなっています。できることなら、多めにお金を入れるなどして対応することです。