プレイテックソフトウェアの特徴

提供するソフトウェアは、オンラインカジノに入れる前に審査を受けます。ランダム性が正常に作られているのかチェックして、問題がなければ承認を受けて提供されます。プレイテックも、審査機関に確認を取り、問題がないことを証明していますが、どうも波が大きい傾向にあり、当たらないときと当たる時の差が激しい傾向です。

当たるときは当たる

当たる時は当たる

オンラインカジノは、運が良ければかなり勝てる認識を持たれます。これはプレイテックも一部に影響しており、ソフトウェアの波が激しいため、当たらないときには全く当たらないのです。逆に当たっている場合は、連続して的中する形になるので、当たっている場合には次々とお金を入れて大丈夫です。これだけ差が生まれてしまうのは、プレイテックの特性と言われます。
ソフトウェアは、審査機関が承認を行い、問題がないことを示しています。この後で変更するのは無理なので、普通ならランダム性が保たれて、一定のタイミングで的中する形になります。ところがプレイテックの場合、当たるタイミングと当たらないタイミングが完全に分かれてしまい、当たらない場合は徹底して当たらない状況が続いてしまうのです。
当たる時にプレイを続行して、とにかく稼ぐことが一番いいでしょう。プレイテックの癖でもあり、当たらない場合は何度も当たらない、当たる場合は連続して当たってくる傾向が強いのです。今日は駄目だなと思ったら、早々に撤退して新しいタイミングを考えていきましょう。

大きい傾向は昔から

当たり外れが昔から大きい

最近になって起きているように思われますが、実際にはかなり前からこの傾向があります。そして導入されているソフトウェアは、全て荒い傾向があり、どんどん当たってくるパターンと当たらないパターンに分かれます。昔からプレイテックは、当たらないときには駄目だと言われ、避けているユーザーがいます。明らかに差が出ているような状況が、プレイヤーにとってマイナスの材料を増やしているからです。
大きなお金を入れても、勝てるか不安に感じることも多いのです。プレイテックは、運が良ければ本当にいい勝負ができます。でも負けるときは簡単に負けてしまい、何をやっても当たらない状況になります。攻略法も全く通用しないケースがあります。
様子を見ながらプレイしていくことが大事です。プレイテックは、そうした様子見の段階で駄目だと思っている時、早々に次の日に切り替えて勝負をするなどの対応が必要です。