投稿日:

身近であることが安全の証ではない

インカジの摘発が頻発していること

インカジの摘発が頻発していること

今現在も、日本全国でインカジと呼ばれるカジノカフェの摘発が続いています。
インカジとはネットカフェのような店内で、オンラインカジノが遊べるという空間です。
インカジとオンラインカジノは混同されてしまいがちですが、自宅でオンラインカジノに接続して遊ぶのではなく、お店で提供されているという点で、全く別の形態であると考えておきましょう。

インカジはオンラインカジノとは異なり、違法性の高い存在です。
日本には賭博罪という法律があり、インカジにはこの賭博罪が適用されます。
お店でお金のやり取りや精算がされているということから、賭博罪が成立してしまうのです。

オンラインカジノの場合、現金決済サービスを通して海外の運営会社において精算がされますが、インカジの場合、店内で直接取り引きが行われています。
オンラインカジノとはこの点で違いがあるのです。

インカジは、店員はもちろんですが客もその場で逮捕されてしまう可能性が高いです。
このため、くれぐれも利用しないよう注意が必要となります。

インカジが逮捕された事例とは

インカジの摘発が初めてされたのは、2006年のことです。
この頃に京都の河原町の雑居ビルで運営されていたインカジが逮捕されていました。
ネットカフェのような店内で、オンラインカジノが違法に提供されており、店員が客に賭博をさせていたということで逮捕されました。

この事件を筆頭に、インカジの摘発が全国で頻発しています。
この事件では特に注目すべき点としては、店員が2名に加え何と客も2名が逮捕される所にありました。
翌2007年には判決が出ており、懲役2年、執行猶予5年、追徴金が1億円以上という極めて重い判決が出ています。
インカジで巨額な利益を上げていたということから、刑事責任は重いと判断されたようです。

この店では、ポイントの残高を現金で払い戻しており、店内で精算が行われていました。
警察は、客の負け分をカジノ側と折半していたのではないかとみています。

オンラインカジノは罪に問われる事はない?

オンラインカジノは罪に問われる事はない?

このようにインカジについては極めて重い罪になってしまうということ、そして摘発が相次いでおり、違法性が高いことが分かります。
そのため、いきおいオンラインカジノについては罪に問われないのかという疑問が生じてきます。

インターネットの普及によって、オンラインカジノは誰でも参加をしやすいギャンブルの一つとなっています。
オンラインカジノは、イギリスの海外領土やカリブ海などの賭博が合法とされる国によって正式にライセンスが発行されて運営されています。
海外のカジノで日本人が遊んでも罪に問われないように、オンラインカジノについても罪に問われる事は今まではありませんでした。

オンラインカジノは海外を拠点としているということもあり、複数のサーバーを経由しています。
賭け金の流れ、そしてシステムを立証することが極めて困難という特徴があります。
弁護士の間では、オンラインカジノの取り締まりを行うべきという考え方もありますが、オンラインカジノについての意見は分かれており、曖昧な状態です。

あくまでもカジノカフェの営業形態が問題視されているのであり、海外サイトであるオンラインカジノそのものが摘発される可能性は極めて低いです。

オンラインカジノのリスクとは

オンラインカジノは、自宅で遊ぶ分にはほぼリスクはないと考えておいて良いでしょう。
オンラインカジノは、海外のサイトが運営をしており、賭博の場所も海外に存在しています。
今回の摘発に関しては、カジノ業者と、プレイヤーの間に国内の仲介業者が介在する形態から起こったものであり、直接オンラインカジノに接続するようなプレイに関しては摘発される可能性は薄いです。

しかし、オンラインカジノには全くリスクがないというわけではありません。
オンラインカジノの中には国内で違法に運営されているサイトもありますので、サーバーの所在地は事前によく確認しておく必要があります。
また、自宅であっても全くリスクがないというわけではなく、実際に逮捕されてしまったというケースもあります。

オンラインカジノのプレイヤーが2016年に逮捕されてしまった事件では、プレイヤーがプレイ画像をブログに掲載していたり、IDを掲載していました。
オンラインカジノで摘発される例は少ないですが、個人の情報が分かるようなことを大々的にアップしないことが大切です。
本人と特定されるような情報を書き込むことによって、摘発のリスクが上がってしまいますので、注意が必要となります。

インカジは利用しないことがおすすめ

インカジは利用しないことがおすすめ

本当に大切なのは、インカジを利用せず自宅でオンラインカジノをしておく程度に留めておくことです。
インカジの場合、身近に存在している上にその場で現金の払い戻しを受けることが出来るというメリットはありますが、当然逮捕されても仕方がない状況ですので、デメリットのほうが大きいです。

こういった状況は全国的に摘発が頻発している中、結構起こりやすいと言われていますので、気をつけるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です