投稿日:

「プレイテック」の経歴から今後の展開

概要

概要

「プレイテック」とは、現在のオンラインカジノソフトウェアのリーディングカンパニーであり、1999年12月にエストニアのタルトゥで設立された企業です。
ゲームソフトはもちろん、オンラインカジノに必要なオペレーションシステムも独自に開発し、ソフトウェアを含めたパッケージとしてカジノ業界に提供したことにより事業を拡大させて行きました。
2006年3月にはロンドンで株式を上場し、2009年には、当時世界最大手のブックメーカーであった「ウィリアムヒル」と、ソフトウェアのライセンス契約を結ぶことにより世界的に急成長を果たすことに成功します。

特にアメリカのコミック出版大手である「マーベルコミックス社」のスパイダーマン・アイアンマン・キャプテンアメリカ等のキャラクターを起用した「マーベルスロット」は世界中で人気を博し、「マーベルコミックス社」が「ウォルトディズニーカンパニー」に買収されるまでは、カジノ業界の一番人気を獲得していたと言っても過言ではありませんでした。

現在は、アメリカの「DCコミックス社」のバットマンやスーパーマン等のキャラクターを起用して、新たなゲームソフトを開発しオンラインカジノに提供をしており、パソコン以外にもスマートフォン向けのゲームやKIOSK等のアーケードゲーム会社にもソフトウェアを提供しています。

プレイテック社製ソフトウェアの特徴

プレイテック社製ソフトウェアの特徴

1. 高品質で多機能なゲームソフト
どのゲームもグラフィックがとても綺麗で、サウンドも臨場感を感じてとても素晴らしい仕上がりです。
スロットゲームでは、回数選択可能な自動スピン機能やターボモード等を搭載するなど、多機能で有りながらソフトのサイズが軽めに仕上がっている為、動作がとても軽やかでプレー中にストレスを感じることはありません。

女性ディーラーとのライブゲームを楽しむことも可能で、自宅にいながら本格的なカジノでプレーしているかの様な感覚で楽しむことが出来ます。
又、プレイしたいゲームを選択し易い画面表示になっており、タイアップゲームやプログレッシブ付きゲームなど特徴別に探すことも出来るので、プレイしたいゲームを簡単に探すことが出来ます。

2. 世界各国のニーズに合わせた安全性と公平性の高いゲーム
オンラインギャンブルの厳しい規制を満たしているかを確認する第3者組織である「テクニカルシステムズ」のテストによる「ランダム・ナンバー・ジェネレーター」の公式な証書を得ていることから、国際的にもプレイヤーの安全性・公平性の点において高く評価されており、何処の国でも安心してプレイに集中することが出来ます。
又、「プレイテック社」には、多くの研究調査員が所属しており、世界各国の文化や趣向に配慮した最新のゲームソフトを常に開発しています。

3. ゲームの種類と取扱いカジノサイト
プレイ出来るゲームの種類はとても豊富で、ブラックジャック・バカラ・カリビアンポーカー・アラウンドザワールド・ビデオスロット・ルーレット等の馴染みのあるものから、ロックペーパー・シザース・ペナルティーシュートアウトまで様々な種類を取りそろえています。
ライブゲームの種類も、ブラックジャック・ルーレット・バカラ・シックボー等の他では出来ないものもプレイすることが可能です。
日本向けなのか、マージャンやパチンコ等の変わり種のゲームも取りそろえているのもプレイテックならでわと言えるでしょう。
「DCコミックス社」のキャラクターの他、マミー(ハムナプトラ)・トップガン・グラデュエーター・ブリテンズゴットタレント等の映画のキャラクターを起用したゲームも多数あります。

各ゲーム機種には日本語による分かりやすい解説が付いている為、英語に不慣れな方でも問題なくプレーをすることが可能です。
又、オンラインカジノでは付きもののボーナスが付いてくる点においては、プレイテックを採用しているサイトである「ジパングカジノ」・「カジノジャンボリー」等では、ボーナスをもらう条件の設定が容易になっています。

尚、「ジパングカジノ」・「カジノジャンボリー」では、24時間いつでもチャットやメールでのサポートが受けることが出来るのはもちろん、Web上では伝わらない細かい内容に関しては、専用のオペレーターが待機しているので、直接電話でのサポートを受けることも可能です。

今後の展開

今後の展開

「マーベルコミックス社」との契約が切れた2017年4月以降、一時期ほどの勢いは無くなった様に見える「プレイテック社」ですが「DCコミックス社」のキャラクターを最大限に活かした製品を続々と開発していることから、今後キャラクターの人気が上がれば以前の様な勢いを再び取り戻すことは間違いないはずです。
いずれにしても、コロナウィルスの影響もありオンライン業界は全てのジャンルで急成長することは間違いなく、「プレイテック社」はその一翼を担って行くことが想像できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です